2005年06月02日

何だか、すごいことに、、、

先日書いた「突飛で無謀な挑戦」の途中結果が昨日発表になりました。なんと択一試験に見事合格!いやあ、ビックリ。何だか、すごいことになってしまいました。こんなラッキーなチャンスなかなかないですよね。論文試験まであと一ヶ月半、もう一発集中して、やれるだけやってみようと思います。ロースクールでの1年と数ヶ月の勉強でどこまで勝負が出来るのか。ここまで来ると、また戦えるということが何だかとても楽しみです。 択一の結果は6月1日午後4時発表。行ってきました、法務省祝田橋庁舎。4時5分前くらいに現地に着くと、既にザッと見た感じで1,000人前後くらいの人達が門の外で長蛇の列をなしていました。門の中の奥の方には既に合格者の一覧らしきモノが掲示されているのが見えるのですが、さすがに字が小さくて門の外からは読めず、取りあえず列の最後尾へ。4時に開門された後は、バーゲンセールの入場制限のように、100人くらいずつ区切って、順次掲示板の前に通されていく仕組み。もう目の前数十メートルのところに発表されているのが見えるのになかなか結果を拝めない。何だかとってもじれったい、微妙な十数分間でした。
 4時10分過ぎくらいになってようやく掲示板の前に通され、受験番号を確認。あった!いやあ嬉しかったです。合格発表の掲示を見るのであんなにドキドキしたのは大学受験以来でしょうか。
 法務省の発表によれば今年の合格最低点は42点。(去年が45点、一昨年が47点だったとか。)自分の自己採点は44点だったので、ギリギリでどうなのかと思っていたら、結構しっかりボーダーを超えての合格だったようです。自分の強運に驚きました。
 これでいよいよ7月17、18日に行われる論文試験を受けることが出来るようになったわけです。今回の択一合格者が7,637人(統計などはこちら。因みに最高齢合格者は69歳の方とか。凄いですね)で、今年の最終合格者は1,500人程度ということになっているので、あとは「5人に1人」の関門です。ちょうど僕達の代が受けることになる新司法試験の合格率(恐らく2〜3割程度)よりもちょっと低いくらいということになりますね。
 この最後の「5人に1人」というのがどれだけ厳しい関門なのかというのは十分分かっているつもりではありますが、せっかくここまで来られたわけだし、何とか精一杯頑張ってぶつかってみたいなと思います。まさに「ダメもと」。きっとまた相当に疲れるのでしょうが、ここまで来ると何だかそれも結構楽しみです。この3週間ほど、久し振りにお酒もたっぷり飲んだし、ヨットレースも参加できたし、ジョギングや空手で汗も少し流せたし、ようやく頭のリハビリが終わった感じなので、これからまた一発集中して、行けるところまで行ってみようと思います。
 果たして、どうなることやら、、、。
posted by Takao at 10:33| Comment(11) | Law
この記事へのコメント
おめでとうございます!
僕にとっても、ものすごい励みと刺激になります。
成功を祈っております。大学の方で何かお手伝いできることがあれば遠慮なく言ってください!
Posted by 携帯も通信に入りますから! at 2005年06月02日 12:05
おめでとうございます。次にもう一度お祝いを言う日を心待ちにしております。試験の後には是非お会いしたいと思います。もちろんご要望のアルバムを持って行きます。体に気をつけてください。
Posted by 藤田英樹@新潟 at 2005年06月02日 18:25
皆様、暖かいコメント有難うございます。
まさに「ダメもと」な挑戦ですが、戦うチャンスを得られたというだけでも凄く有難いことなので、緊張感を楽しみつつ頑張ってみたいと思います。
Posted by takao at 2005年06月03日 03:43
初めて拝見したら、なんともタイミング良くおめでたい報告!!
私自身は、入学後いろいろと悩んだ末受験を断念したので、中村さんの勇気と実行力に感服します。
ピロシの言うとおり、現行試験はローと比べかなり浅いことを聞いてますので、字をきれいに(丁寧に)書けば、論文は通りますよ。
大森氏との飲みは論文後にしましょう。
Posted by hiroya at 2005年06月05日 12:17
択一合格おめでとうございます!!!
発表があったことさえ知らず、金曜日にお会いしたのに、何もお祝いを申し上げられなくて、すみませんでした。
論文試験まで全力でがんばってください!
もし授業関係でご協力できることがあれば何なりと(かなり頼りないですが・・・)。
Posted by Toko Shiotsuki at 2005年06月05日 18:46
皆様、引き続きの嬉しいコメント有難うございます。
しかし、択一後「頭のリハビリ」に励みすぎてしまったせいか、どうも勉強のペースがつかめず、ただでさえベースの知識が全然足りないのに、全くピンチな状況です。
このままだと、まあ元々仕方のないことですが、凄まじくムラだらけの準備のままで勝負ということになりそう。せめて今学期授業を受けている憲法・民訴・刑訴は授業で扱った分野から問題が出てくれるといいなあと切に期待する次第です、、、。
Posted by takao at 2005年06月05日 22:57
タカオ、おめでとう!!
いやはやさすがだね。
論文向けて大変だと思いますが、
777の会は大丈夫そうですか?
Posted by Carl at 2005年06月06日 21:09
Carl、ありがとう。
777は日程的にかなり厳しいですが、立場上、
頑張って参加の予定です。これに絡んで、一つ、
ヘルプをお願いしたいことがあるので、別途メールします。
Posted by takao at 2005年06月07日 05:11
中村さん、ご無沙汰しています。 A.R.T.にいました福本です。
僕も今年択一受けて同じ点数でしたよ!
僕も直前模試36、36、35点だったこともあって、絶対受かるわけないなんて思ってたんですけど、直前10日くらいの悪あがきが功を奏したようです。
論文試験まであと一ヶ月強ですけども、一緒に頑張りましょう。
Posted by 福本 at 2005年06月09日 23:39
お久しぶりです。
択一合格、おめでとうございます。

さーーーすが、すごいですね。論文試験もがんばってください。応援しています!!!!!!
Posted by ふじの at 2005年07月05日 12:06
皆様、引き続き色々と暖かいお言葉を有難うございます。
論文試験までいよいよあと10日あまりとなりました。6科目を2日間でまとめて問われる論文試験。さすがに範囲が膨大で、この期に及んで未だにどこから手を付ければいいのやら、という状況です。
先週末と先々週末の土日に模試を受け、2日間で6科目書きまくる体験をしてきました(1科目2時間、計12時間)。結果はやはり準備不足で撃沈状態ですが、体力的にも結構きついものだと実感しました。
今週でちょうど学校の夏学期の授業が終わるので、来週一週間でどこまで追い込めるかが勝負です。やれるだけやってみます。
Posted by takao at 2005年07月06日 05:01